2013年04月08日

ACアダプターで加熱し、お弁当箱そのものを温めることができる弁当箱について

【質問】冬は温かいお弁当を食べたいので、寒くなると保温タイプの弁当箱を利用しているのですが、手軽に温かいお弁当が食べられるものはないでしょうか?

【回答】お弁当箱そのものを温めることで冷えたお弁当も温かくできるお弁当箱がこちらになります。





お弁当箱の本体サイズは、160×100×90mm(幅×奥行き×高さ)で、食後は重ねられるので高さが70mmとコンパクトになる。本体は上段と下段の2段に分かれており、容量は、上段の容器が220ml、下段の容器が360mlで、下段に入るごはんは、お茶碗約1.8杯分程度。

加熱は、下段の容器に付いている銀色の発熱プレートで行ない、発熱プレートは、電熱線ではなく遠赤外線面相発熱体を採用しており、食材を均一に温め、設定温度以上に温度が上昇することを防ぐ効果があり、上段の容器は下段の余熱で温まるようになっています。

1回70分の加温約70分の電気代は約0.6円と抑えられています。

冷凍食品もそのまま入れておけば、食べる頃にはアツアツになります。

食べる場所に合わせて電源を選らび、出先でアツアツのお弁当を味わってみてはいかがでしょうか。


posted by たまきち at 20:00| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。