2013年05月22日

ウォシュレットについて

ウォシュレットについての質問です。

【質問】自宅の洋式トイレに新しくウォシュレットをとりつけようかと思いますが、どんなものがいいのでしょうか?

【回答】今やかなりの普及率でトイレにもウォシュレットがついています。日本一の技術力はさすがのものです。

今であれば(今でなくとも)、節電タイプがいいですよね。






ウォシュレットKシリーズは2つの節電モードでかしこく節電します。

「タイマー節電」は毎日同じ時刻に自動的にヒーターを切って節電します。

節電時間を3・6・9時間から選べます。

「おまかせ節電」は、生活パターンを学習して自動で節電します。

ほとんど使わない時間帯は便座の温度を冷たくならない温度まで下げて待機状態にします。

ウォシュレットは節電中も「冷たい」と感じることが無いよう、待機温度に細心の気配りを施した親切設計です。

また、掃除が簡単にできるので、いつでも、いつまでもキレイです。

本体・便座・便ふたを簡単にワンタッチ着脱できます。

それぞれのパーツが簡単に取れるので、便器も、温水便座も細かいところまで掃除できます。

また、便座部とふた部も分解できるので、手入れしにくいすき間の汚れもサッとひと拭きでキレイに。

ノズルはモーター駆動式ノズルの利点を活かした清潔セルフクリーニング機能で
洗浄前と洗浄後に、ケースの中で最大吐水量でノズルを洗浄します。

さらにノズルの伸出時にはノズルがスライドするのを利用してノズル全体を洗浄してくれます。

モーターでノズルを引き出し、お手入れすることもできます。

すっきりした形状で掃除がラクラクできます。

洗浄ノズルカバーを付けた事で本体をひと拭きで掃除することができるようになりましが。

また、カバーがあるので跳ね返り汚れがノズル部につかずキレイになります。

脱臭機能も充実。

スイッチひとつで吸い込み量が2倍になるパワー脱臭搭載。

気になるにおいをぐんぐん吸い込みます。

使用後は自動で吸い込み量を2倍にするオートパワー脱臭も搭載しています。


posted by たまきち at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。