2013年08月10日

ネットと連動して睡眠習慣を管理!睡眠時間を計測してグラフ化できる睡眠計について

【質問】睡眠時間がバラバラで体調がよかったり悪かったりと、あまり健康によくないなと思っているのですが、手軽に規則正しく睡眠できるように管理する方法なないでしょうか。

【回答】日本人の睡眠時間は世界的にもトップクラスの短さで、さらに寝不足や夜間の目覚めといった眠りの質に問題を抱える人が多いのですが、こちらはいかがでしょうか。





こちらは、センサーで眠りの状態を検知し、ウェブサービスと連携して睡眠状況を改善する卓上型の睡眠計になります

かすかな胸の動きや寝返りなど睡眠中の動きを検知して、実際に眠っていた睡眠時間を検出します。

インジケーターで、眠っていた時間帯と、起きていた時間帯を一目で確認できます。

睡眠状況を自覚することで、生活改善をサポートできます。

使い方は、寝ている人の胸までの距離が50〜100cmになるようにベッドサイトに置き、「おやすみボタン」を押すと、測定が始まります。

測定には、人体に影響がない微弱な電波センサーを用いています。

日々の眠りの深さを3段階の「ぐっすりレベル」で表示するほか、「睡眠時間/ぐっすり睡眠時間/寝つくのにかかった時間/夜中の目覚め時間・回数/朝早く目覚めた時間/就寝・起床時間」を週単位のグラフで表示します。

さらに、2週間測定を続けると、眠りの傾向を「寝つき時間/夜中の目覚め/朝早い目覚め/睡眠不足/睡眠リズム」の5つの観点から分析・判定し、睡眠と生活習慣や、疾病との関連など健康に関する情報を届けるようになっています。

本体サイズは約130×100×270mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約420g。電源には専用のACアダプターを使用する。パソコンには、専用のUSBケーブルのほか、SDカードからもデータを移行できます。

posted by たまきち at 20:00| Comment(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。