2013年08月20日

ランプの色でお湯の温度を知らせる電気ケトルについて

【質問】お湯の温度がパッと見てわかるような湯沸しはないでしょうか?

【回答】いつお湯が沸いたかどうかがランプの色でわかるようにしている電気ケトルといえば、こちらになります。





こちらは、容量0.8Lの電気ケトルになります。

無駄な再沸騰を防ぐため、ハンドル上部に付属の「湯温ランプ」が、沸騰後の湯温を「赤/橙/緑」の3段階で変化して知らせてくれます。

沸騰後、湯温が約100〜90℃の時は「赤」、約90〜80℃の時は「橙」、約80〜70℃まで下がってくると「緑」に点灯します。

用途に合わせて湯量を2段階で選べる「湯量切替スイッチ」、倒れてもお湯がこぼれにくい「給湯ロック」があります。

給電台を含めた本体サイズは180×213×221mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.5kg。消費電力は1,300W。沸騰後の待機電力は0.6W。カラーはホワイトとレッドになります。





posted by たまきち at 20:00| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。