2014年01月04日

掃除中に窓を開けなくても大丈夫!掃除機運転中にもホコリの舞い上がりを避ける掃除機について

【質問】いつも帰りが遅く、夜などに掃除をすることが多いのですが、静かで窓を開けなくてもいいような掃除機はないでしょうか?

【回答】排気によって舞い上がったホコリを、すぐに吸い込むことでホコリをあまり出ないようにする掃除機があります。





こちらは本体ヘッド部だけではなく、本体後部にも吸引口があるので、排気によって舞い上がったホコリを、排気口すぐ上の吸引ファンで吸いこんでしまうという仕組みになっています。

これにより、床面だけでなく、室内の空気まできれいにできるようになっています。

運転音は最大で約52dBで、テレビを見ながらや会話しながらの掃除が可能な静かさになっています。

運転音だけでなく、移動時のタイヤの「ゴロゴロ」という音も抑えてあるので、階下へ伝わる音も抑えられています。

高濃度のプラズマクラスターを発生させることで、静電気を効果的に除去し、特にホコリが気になる家電製品などを掃除する場合、プラズマクラスターイオンの放出口がある本体後方を家電製品に向けると、あっという間にホコリがさっと取れるようになっています。
さらに、吸込んだゴミを従来の約1/10まで圧縮するために、ダストボックスには、吸込んだゴミを圧縮するためのスクリューがあり、電源を切るたびに、このスクリューが動いて、ゴミをダストボックス下のほうに押しやっていくようになっています。

これにより、ゴミ捨ての頻度が少なくなるほか、ゴミ捨ての際にホコリが舞い上がることも防ぐことができるようになっています。

排気・運転音・操作性と、掃除機を使う上でのストレスを解消しているため、夜に家事をすることが多い人にはオススメです。



posted by たまきち at 20:00| Comment(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。