2014年04月29日

洗浄水フィルターについて

【質問】飲料水を手軽に飲みたいと思うのですが、お金を出してまで飲むよりは、水道水をうまく使いたいと思っています。なにかいい手はないでしょうか?

【回答】浄水器はいろいろありますが、だいたいは備え付けのものになります。

しかし、こちらがあれば、ペットボトルのように持ち歩け、水道水を入れればすぐに浄水フィルターを通して納得の飲料水になります。



BOBBLE(ボブル)はアクティブな人をサポートするフィルター付きボトルです。

水を入れてあとはBOBBLE(ボブル)にまかせるだけで、キレイに、エコに、水分補給ができます。 (サイズ 内容量/560ml)

ブラック、ブルー、グリーン、ピンク、レッド、イエロー の6色から選べます。

日本では毎年およそ2,000億円分のペットボトルに入ったミネラルウォーターが消費されています。

そのボトル製造に使われる石油は毎年1.5億バレル。

その多くはリサイクルされないままゴミとして埋め立てられるだけでなく、海や街に放置されています。

おいしい水は飲みたい。環境への負荷は減らしたい。その上経済的である。その答えがBOBBLE(ボブル)にあります。

どうやって浄水するのかというと、軽い陽性電荷をもつカーボン製フィルターが内蔵されており、化学物質や不純物を水から取り除くことができます。

水が陽性電荷をもつ炭素の表面を流れる際に汚染物質のマイナスイオンが炭素の表面に吸い込まれます。

カーボン製のフィルターはほとんど手入れも必要なく、化物吸収材として非常に高い能力を持っています。

BOBBLE(ボブル)のカーボン製フィルターは通常の都市水道水から有機汚染物質を排除し、飲用水の塩素、味質、臭気の削減における国際基準をパスしています。

もうボトルウォーターを買う必要はありません。新しいウォーターサイクルのスタートです!


posted by たまきち at 20:00| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。