2013年12月13日

これからの季節に!寒い季節に合わせて、インフルエンザ予防に、温湿度計について

【質問】乾燥し、寒くなってくるこれからの季節、風邪やインフルエンザなどの病気が流行りだしますが、なるべく予防したいので、部屋の湿度などをみたいです。何かいいものはないでしょうか?

【回答】部屋が乾燥してくると、病気の菌が繁殖しやすい環境ができ上がってしまいます。

加湿器などで湿度を上げていきますが、十分かどうかわからないのが実情。

やはり、湿度はしっかり把握しておきたい、という人にはこちらがいいです。



そもそも、インフルエンザの発症には、温度や湿度が関係するとされています。

1立方メートル中の空気に含まれる水蒸気量を示す「絶対湿度」が、インフルエンザの発症開始時期を大きく左右するといいます。

こちらの温湿度計は、温度と湿度から算出した絶対湿度を基にして、インフルエンザの予防目安を表示します。

表示される目安は、「ほぼ安全」、「注意」、「警戒」の3段階です。

この目安を基に、温度と湿度の管理を行なう事で、インフルエンザの予防ができます。

こちらは電波時計でもあり、インフルエンザの感染予防目安はLEDで表示し、「警戒」時はアラームが鳴ります。

また、カビが発生しやすい状況であることを示す「カビ注意」の表示機能も備えています。



タグ:風邪 対策 健康
posted by たまきち at 20:00| Comment(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。